2006年1月31日

そして、ふと10年後はどんなステキなおっさんになっているんだろう?と思い、筆ペンを取った私。そう、ぺんてる筆ペン<中字>で書いたのさ。で、その結果、今と変わらない。いいことなのか?おぉ、顔の中心にパーツが寄っている。

サービス内容を比較したら大差はない。だから、どっちでもいいんだ。そうつぶやきながら近所のラーメン屋に入った。味噌だ。醤油よりも味噌が細胞レベルで欲しかった。チャーシューにネギを包み込むようにして食べた。美味だ。美味だった。前田美波里と美味とは字と発音が似ているんだ。

大量の砂糖で煮込んだ小豆。要は、あんこです。ポリバケツに一杯分以上は余裕であります。そう、私の夢のために。ちなみに、私の夢って、あんこのお風呂に肩まで浸かることです。全身の毛穴にすり込むの。もう小豆相場なんて子ども扱いです。小さな夢だ。

そのとき僕はやっぱり41歳で、41歳の体力さえもなかった。そう、階段で3階まで駆け上がるのが精一杯だった。遠い岐阜を見るために僕は一人、ここに来た。春みたいな空だからね。でも、僕は高所恐怖症だった。でも、僕は41歳だ。血糖値も高いはずだ。だから、高さには慣れているんだ。

そのとき僕は41歳で、41歳の常識しかなかった。でも、それは生きていくには十分過ぎる程だった。そして、ガストに行った。41歳を楽しむためにね。でも、だれもいなかった。時計の長い針は11時を2cm回っていた。寂しかった。でも、僕は41歳だ。こんな41歳でよいのだろうか。僕はふっと考えた。

さぁ、これはなんでしょう? 早速、正解はバター・クリームでした。嫁さんの実家はパン屋なの。一瞬、メレンゲかと思った。。。そう、個人的には、淡白な白よりこんな濃厚な白の方がお気に入り。できればシェービング・フォームみたいに顔中に塗りまくりたいけど薄い理性が止める。

2006年1月25日

近所の初寿司に行きました。まずは並みから注文です。でも、途中で帰ったよ。タバコの煙が耐えられません。もう五里霧中状態です。絶対に二度と行かないねぇ。大体、煙が寿司につくだろ。この大事な時期にアタマがガンガンする。そして、私はこの店の悪い評判を広めることと思います。

2006年1月24日

別になんの用事もないのに名古屋駅なの。そう、ふらっと電車に乗ってサラッと電車から降りた私。テクマクマヤコンテクマクマヤコン鳩になぁ~れ!って呟きながら歩き回りました。戻るときは、ラミパスラミパスるるる~♪ってね。ってなことで、とっても赤塚不二夫チックなアッコな一日でした。

2006年1月23日

岐阜市加納の交差点に毎年立っている鬼。そう、真っ赤かです。等身大なのでしょうか。鬼と龍はきっと存在すると心の底から信じています。でも、とっても浅くて薄い心だよ。そして、ご幼少の頃、UFOを見たことがあります。当てにならない記憶だよ。中年でもオオカミ少年。

2006年1月22日

先日、お友だちの門屋奈緒美さんからいただいたオイルサーディンです。で、奈緒美さんの旦那はアメリカ人です。ってことで、奈緒美さんも英語が喋れます。私たちはバイリンガル仲間です。オイルサーディンにスライスドオニオンをオンして醤油をインしました。マーベラスなテイストでした。

2006年1月21日

大型家電ショップのエイデンでプリンターを見て、カーマホームセンターでたいやきを食べました。だから、実にアクティブな一日でした。家を出て、一度に2箇所に行くことはまず珍しいです。買い物のハシゴが体質的にできません。あ、今、静かに静かにサラ・ヴォーンが流れ始めました。

昨日乗った山手線の中にて。でも、電車の中吊りは、名鉄と大して変わらん。乗車客のセンスもどん臭そうだし、淡いオヤジ臭も車内に漂っていた。総合的な評価では名鉄が勝ちです。はつかねずみじゃないんだから、回りゃいいってものじゃありません。やっぱ東海3県が好き。

わざわざ愛知県の西尾市まで名鉄で2時間も掛けて行きました。取材って疲れるんだ。砂金6号は、虫。 あ、違った。虫賀照晃さん。ちなみに、左側です。本当に虫の子なのか?可愛過ぎるぞ。それにまったく違う方向見てるし。いいお話がたくさん聞けました。

デニーズです。当然、京都、行こう。のパクリです。ここ数年、どっちかって言ったらすかいらーく派でした。ゴメンね、デニーズ。あ、バーミヤンには行くからね。はぁ、今日も疲れた。こうして年を取るのね。

2006年1月16日

この快晴の中、美濃加茂市にある日本昭和村に行きました。これで2回目です。もう行くことはないと思います。この近隣には明治村と大正村もあるんですが、そっちはいいのよ。でも、こっちの昭和村って薄いのよねぇ。昭和の懐かしい小物を並べただけって感じです。

理由は分からないけど、刻みネギが食べ放題のラーメン屋でチャーシュー麺を食べた。最上級に美味かった。ネギも食べるんだ。餃子のタレをバシッとかけてね。そう、ネギのシャキシャキ感と甘い味噌ダレの絶妙なハーモーニーが最高!ま、だれもやってないけどね。でも、美味しいよ。

午後のティー・タイムにはアールグレー。そして、なんちゃらとか言うケーキです。できれば分かりやすくて覚えやすいネーミングを心掛けて欲しいものです。ちょっと酸っぱい寒天みたいな塊を濃厚なチョコレートでギュッと包んだケーキ、ってね。酸っぱい寒天みたいなのが邪魔だった。

2006年1月13日

たった今、目がシカシカするのでアイリス目薬を点します。ちょっと待ってね。あ、ちょっぴり爽快。今日は名古屋へ行きました。そう、天使の降臨を3回楽しんだ後、辺りをバシャバシャ撮っていたらどうやら変なおっさんに思われたらしい。今日は、高島屋を中心に穴が空くほどに攻めてみました。

2006年1月12日

で、クラプトンからマイケル・マクドナルドみたいな髭になってしまった。今日、風呂の中で剃るけどその前に爪を切る私。なんとなく切りたくなった。で、生まれてから爪を切るのは何回目だろうか。そんなことをふと考えるのさ。多分、ヒマだから。ちなみに、歯磨きの回数には全然、興味はない。

2006年1月11日

昨日は肝臓を休めるために砂糖断ちをしました。その結果、糖分が不足して手が震え出したので速攻で西友に行きました。そう、私がこよなく愛す永谷園のぜんざいを買うために。だから、友人の佐藤とは縁を切っても砂糖とは縁は切れません。全国の佐藤さま、心からどうもすびばせん。

2006年1月10日

今、感動で涙が溢れそうです。略して感涙です。太川陽介は、ルイ・ルイ。昨年の暮れにも撮影のために行きましたが今日もです。だから、岐阜にしかない岐阜城です。東京や大阪にはありません。多分、青森や熊本にもありません。

ってなことで、砂金2号と2人だけで新年会です。ま、楽しくもないけどねぇ。だから、なんで2人で飲まなきゃいけないのでしょうか。そんでもって、こんな私がやれと言った訳でもないのに枝豆のカスを口に入れているし。友達は選ぶべきです。これでも46歳です。今年はもう会うことはない。

2006年1月8日

って書いて、珈琲ブレイクと読みます。日常の喧噪から身を離したいときに近くの喫茶店に行く私。すると近所のお年寄りでもっとやかましい。割@恋心石屋と書いて、ハートブレイク・ホテル。

2006年1月7日

近所のスーパーの中にある北欧倶楽部というパン屋で焼きたてのパンを買いました。ちなみに、私の嫁さんの実家はパン屋です。

2006年1月6日

これをなごり雪と言うのは、さすがに伊勢正三に申し訳ないそんな気がする。だから、残雪です。スーパーの駐車場にかき寄せてありました。これで春が来ればいいのですが、今晩からまた雪になりそうです。だから、またイライラします。なんでもいいからバキッと破壊をしたくなります。

2006年1月5日

近所の料理屋で、げそのから揚げを注文した私。スライスド・レモンを絞るんですが、ちなみにスライスドのドってスライスされたって意味です。ベイクド・ポテトのそれと同様です。私は手が汚れるとヤル気を失くす。

起き上り最中の次ぎに岐阜の名産にしたいのが、緑水庵の枝豆まんじゅう。とっても美味です。だから、美味いとは書いても、なかなか美味(びみ)とは、書きません。甘さが抑え気味で絶品です。そして、この緑水庵は、お茶とチョコまんじゅうでおもてなしをしてくれました。

好きな食べ物ベスト36に入る@かき揚げです。ちなみに、あと35を言えと言われても困ります。どう言う訳だか、火曜日に食べたくなります。きっと、かき揚げの神様がそうさせているんだと思います。申し訳ありません。

だから、なんで途方に暮れたのかを忘れたから、途方に暮れる。このときは結構、困った。が、忘れるくらいだから大したことはないと思う。けど、ひょっとしたら、すっごいことかも知れない。別にいいけど。それより腰が痛い。口内炎もできたしね。

2006年1月1日

浅い眠りの中に出てきた憧れの郵便ポストです。淡い初夢ってやつです。まるで土管のように3サイズが美しいまでに均一な朱塗りのポストが大好きです。昭和と言うより大正を感じさせます。知らんけど。バス停ならば動かせますが、これはちと辛い。ぜし、ご自宅の前にいただきたいです。

旧楽観日記内検索

直近の日記

日記保管庫

QRコード