店だ。ここ数日、まったく外出をしていなかった。午後に出た。気分を変えるためだ。ポムの樹オムライスだ。冷たい雨が降っていた。柳ジョージを思い出す。ハートのAが出てこない。ドゥミグラスソースだ。あの人はぁ悪魔ハぁ~ん♪ ヤマト運輸はいつも二度ベルを鳴らしたがる。最上級に疲れたんだ。

今、お風呂から上がった。いい湯だった。そして、血流が活発になった。ネタ帳です。そう、ランチのメニューから香典の金額まで手帳に書き込む私。だから、ときどき自分でもまったくなんのこっちゃ分からなくなります。第一、ほとんど字が読めん。ボールペンが悪いのか? さ、仕事に掛かります。

そう、孤独にケータイ一人遊びシリーズ第3弾!すでに徹底的に疲れています。前頭葉と海馬が、限界に達しています。私のメモリーは結構、少ない。容量が3MBくらいです。あッ!と言う間にすりきれ一杯です。おぉ!来月は31日まである。3月を思いっ切り楽しむシミュレーションをします。

2006年2月25日

春ではなく夏のような陽気だった。薄く窓を開け、少し湿った空気を入れ替えた。暖かい風だった。今年は高山祭りに行こうか。ふと思った。しかし、私は人ごみに入るとすべてを破壊したくなるので行かない。今、スティーリー・ダンが流れている。都会の音楽だ。だから、ベタなマドンナに変えた。

欲しい雑誌があったので宮脇書店に行った私は、なんの用事もないけれど隣のドコモショップにも入りました。きっと人恋しかったんだと思います。きゃはッ!でも、明らかにお客じゃないと分かるとだれも構ってくれません。孤独って痛いものねぇ。ふざけてないでサッサと仕事やろッ。ぶはッ!

2006年2月23日

近くの加納八幡にある大きな木。本当に歩いたら3分程度の近所だけど、今まで気づかなかった。きっとなにも見ちゃいなかったんでしょう。だから、目は開いているけれど見てはいない。今日もまた素晴らしいことを言ってしまったそんな気がする。でも、初めてゆっくりと見たけど立派なもんです。

2006年2月22日

見事な寒椿です。で、そうなのか?多分ね。黒澤明監督の名作『椿三十郎』を思い出します。「椿三十郎、年は四十郎だが」最高です。私なら「寒椿四十郎、年は四十一郎だが」間抜けです。本当にキレイですね。都会の喧騒を忘れます。岐阜って都会なのか?和歌山よりはね。

2006年2月21日

3月号の新聞のネタでモンキーパークに行ったら休園だった。真剣にお腹が立った。その足で行ったのが犬山城です。だから、犬猿の仲です。猿に裏切られた私のささやかな復讐です。そう、辰年生まれは蛇よりも執念深い。犬山城って4つしかない国宝の内の一つです。少し嬉しい。

2006年2月20日

だから、おにぎりは高菜派です。発想はタカ派。難しい質問をされたら、はッ? 今日は60点。近所の手むすびのおにぎり屋さんに行きました。ランチです。だから、山下清じゃないんだから。ぼッぼ、ぼくはおにぎりがすッすきなんだなぁ~。本物の長岡の花火が観たい。キレイでしょうね。

2006年2月19日

梅の木がズラ~ッと並ぶ梅林公園に行ったけど、今年は遅い。早咲きのは1月でも咲いているのに今年は遅い。やっと小さく咲いているのが、これ。今年は遅い。それもいいけどね。3月初旬の梅祭りに間に合えさえすれば梅は遅くてもいい。またその頃に来て梅を見ながら田楽でも食うか。

だれだって無性に自転車に乗りたくなったことが、きっとあるはずです。そうでない人は、これ以上は読まないで下さい。岐阜の両津勘吉って呼ばれるこんな私は、近くの和菓子屋@金生堂に行きました。そう、和菓子を買いにね。そして、4人家族の我が家にサービスとして、うぐいす餅を3個いただきました。

2006年2月17日

だから、こんなポッキーです。昔はビターだけで、いい時代だった。きなこに紫いもに抹茶だよ。そんなことより、ケータイが壊れた。あんなものはこのままなくてもOKだけど、一つだけ恐喝できる伝言メモが入っているので自然治癒で直すのさ。そう、ハンドパワーのMr.マリックは岐阜市出身。

2006年2月16日

ししとうときぬさやの向こうにパブリカがあります。赤色や黄色のカラフルなピーマンのことですが、赤いのを唐辛子、黄色いのをゆず?って言ったらそれ以来、サラダを作ってもらえません。だから、みじん切りの状態では私には甘いか辛いかしか判別できん。そう、甘いか辛いかがすべてです。

2006年2月15日

とキラーズ。って言うよりも、赤紫ブルーハゲ頭。古~ッ。ちなみに、後者はハクション大魔王です。そう、眠らないスーパーです。大阪にもあったな。全国区か?だよねぇ、だってイオンだもん。そう、人恋しくなった真夜中に一人訪れた私は、店員の笑顔に癒されます。ま、入ったことないけどねぇ。

向かって左が大阪で生まれた鑑定士@ミィ~で右が元葬祭屋@やまです。そう、どっちにしてもオカルトです。写真もなんだかそれっぽいです。今日は、お忙しいけど 【砂金の人々】 の取材で、大阪までこんな私がお越しになりました。だから、マニア垂涎の話です。来月初めにお届けします。

だから、ドライカレー。オムライスの中は冷たい彼だった。徹底的にお昼に食べた私。ザビエルも信長も食べることができなかったが、本居宣長は食べたかも知れん。宣長、あなたって人は。。。今日の晩ご飯ってオムライスだよ。胃がとってもケチャッピーです。

2006年2月12日

そして、18世紀の日本古典研究家@本居宣長は三重県は松阪市出身。岐阜駅の北側に建設中の立体歩道を歩いて私は思った。ザビエルも信長も渡ることができなかった歩道を渡れる平成の私は幸せ者だ、と。きっと清少納言はグーグルも知らないんだ。今生の喜びを刹那に感じる。

マクドナルドでは期間限定のはずだったのが思いの外、好調で定番メニューに昇格したエビ。でも、これは近くのパン屋のエビカツです。そう、ずっと昔からありました。邪道と言われ続けてね。だから、そこに居続けさえすれば、きっといつかは陽の目をみます。まるで私の人生のように。

近くのショップでCDを2枚買ってご満悦。だから、こんな程度が一番幸せです。そんでもってさらにお食事です。これでタバコ臭いサラリーマンさえ存在しなけりゃ最高でした。あれ葉っぱだよ。今日もまた何事もなく淡々と一日が過ぎました。人生は横滑りが一番です。風呂に入るか。

2006年2月9日

ってことで、丹頂鶴のメスのランチです。だから、これは私が撮影したものじゃありません。だって、こんな私のランチは赤いきつねだったんだもん。毎日、なんのために働いているのでしょうか。申し遅れましたが、これってエアロビの帰りです。

2006年2月8日

今年の大雪で折れてしまった万両です。だから、縁起でもありません。こう見えても私は気にするタイプです。裏のナンテンが枯れたときには、もうダメかと思ったくらいです。本当にお願いだから、ひまわりのように真っ直ぐに伸びてくれ。そして、お金に不自由のない豊かな生活を与えておくれ。

2006年2月7日

だから、イナバ・ピーナツの豆についていた鬼のお面。で、本当にこんな41歳でよいのでしょうか。きっとなにか大切なものが欠けているのか、逆に過剰に分泌し過ぎているんだと思います。そう、遺伝子レベルでNGです。でも、そこがいいの。お面の口から鼻がでちゃった。ゴメンね、高くて。

2006年2月6日

おぉ!退助がいっぱいです。具視も2人います。あ、博文だ。どうして太子や稲造がいないんだ?そんなんより式部をまったく見ちゃいないんだ。二千円札ってこの世の中に流通しているのか?加ト吉も好きだけど、やっぱ諭吉が一番お好き。そんでもって楠正成の五銭札って使えるのか?

言葉の意味は知りませんが、アンニュイな午後をイトー・ヨーカドーで過ごしました。アンニュイってムーミンに出てくるニョロニョロみたいなもんだと私は勝手に思ってます。ひょっとして両生類か?いや、それではオオサンショウウオに失礼だ。あ、スティンキーがビィト~ンビィト~ンと跳んでいる。

どう見たって森野熊八にそっくりな矢島友幸さん。昨日は丸一日、とってもお世話になりました。下呂で生まれ下呂で育った生粋の下呂男です。そう、下呂のことはすべて知り尽くしていますが、下呂から一歩外に出ると全然、役に立ちません。でもね、社会保険のことなら徹底的に完璧です。

ちょっとした雪が舞う中、高山本線で下呂温泉に行きました。日帰りでしたが存分に楽しかった。そして、もう少し先に行けば飛騨高山です。いや、本当に岐阜っていいところですねぇ。やっぱりね、温泉は海よりも山がいい。日本海でも太平洋でもどちらでもなく、山。岐阜で生まれた男やもんで。

静かに歩いていたら、同級生から電話があった。来月、名古屋で結婚するってね。でも、こっちは御祝儀を出さなきゃいけないんだ。いい年こいて今さら困るんだ。って一瞬だけ前頭葉をよぎった。だから、基本的にはめでたいんだよ。原則的にはハッピーなんだ。でもね、家計的には辛いんだ。

福岡の友だちの吉野真由美さんからいただいた手作りの寒中見舞いです。申し訳ないんだけど、いくら岐阜でもとっくに寒くねぇ。寒中見舞いってめでたいのか? どうも世間の慣習にうとい私は、寒中よりもピカチューの方がお好きなの。うんッ、今ひとつだ。じゃ、今日は久し振りに速攻で寝る。

旧楽観日記内検索

直近の日記

日記保管庫

QRコード