2006年3月31日

まだ繋いでないけど。今日で仕事が楽になるのでそろそろ繋ぎますが、果たしてこれが何事もなく無事に起動するだろうか。それが問題です。でも繋ぐ前から飽きちゃった。だって、箱から出すのも鬱陶しいです。そんな病気かも知れない。だって最近ではご飯を見ているだけで満腹になります。

寒いと思ったら、雪だった。岐阜の北です。朝、窓を開けたら一面が白かった。嫌ですねぇ。冬とか雪って精神的に暗くなって気が萎えます。せっかく花粉症バリバリの春モードになった私はサッサと夏の終わりがやって来るのを待ち望む。夏の終わりは昭和を感じさせるから大好きです。

2006年3月29日

中学時代から使っている三省堂の辞書です。もうボロボロです。金田一って名前は角川映画よりもこっちの方で早く知りました。言葉の表現方法は変わったとしても、その意味はいくら時代を経ても変わりません。あ、久し振りにとってもいいことを言ってしまったそんな気がする。死ぬまで使うよ。

2006年3月28日

月末でちょっと追われているんで、お気分転換にお出掛けです。JR岐阜駅の前にある香梅で3本羊羹を買いました。粒々の大納言の中に見事な栗きんとんが金太郎飴のように超ギッチリです。マニア垂涎の逸品です。だから、3月は31日まであるから本当に嬉しい。

2006年3月27日

近所の施設の庭にある一本の桜が咲きました。群生した桜は圧巻と言うよりもちと不気味です。が、一本だけならいいものです。で、水色の空に淡いピンクが映えてます。たった今、月末なので体力的に2cm限界です。でも、こんな桜を見ると元気ハツラツ?

ってことで、結婚式の司会者の女性と記念です。嫌われてもなじられても、きっともう会うことなどありません。十万が一、私に好意を抱いていたらもったいない。そう、愛はいつも参加することから始まります。でも、あんまり好意的じゃなかった。2勝3敗ペースで十分だ。

41歳で後厄の同級生の結婚式にて。肝心な新郎の写真はピンボケでした。でも、隣の2人の顔がでかくてよかった。思えば約10年ぶりに会ったので、今度会うときは2016年です。そう、乙姫様と彦星様よりも会える確率は低いです。その気になったら会えますが、その気にならん。

数々のネタを提供してくれる次女です。ちなみに、ピグレットのかぶりものにサングラス&マスクは、私が強要したんじゃなくていつもです。どこでどう間違ってしまったのでしょうか。そして、明日から春休みなので、アルバイト代のシミュレーションをカシオの電卓でやってました。同情ならいらない。

2006年3月23日

遅咲きの梅を楽しむために一人、梅林公園へと行きました。今年はかなり行ってます。月末まで楽しめそうです。梅林公園のお隣にある植東は、田楽が有名な料理旅館です。でも、田楽だけでもOKです。でも、素通りしただけです。今の胃腸に味噌はヘヴィです。でも、永谷園だけは大丈夫!

胃腸の調子もほぼご回復!ってことで外出です。まったくなんの用事もないのに一人、名古屋駅。午後からは雨だったけど丁度いい空だった。まるでこんな私のご回復を祝っているようだった。でもね、午後からは雨ってことはぶり返すのか。そして、冷たい雨の中、孤独に床屋へ行った私。

2006年3月21日

とっても縁起でもないタイトルになってしまった。結局、今日は冷たい3杯のアクエリアスだけしか口にしていないので熱いココアに挑戦をしました。まったく味が分からん。砂を飲んでいるようです。ま、リアルに砂を飲んだことなどありませんけど。今日中に治さないと明日、床屋に行けないんだ。

東京から愛媛に行く途中で、なぜか岐阜で降りた宮田みちこさんです。この寒い風の中、岐阜城に登りました。かなりのカエル好きです。ってことでカエルのジュエリーを作ってます。いいですねぇ。多くの場合、熱帯魚マニアはカエルもお好き。

なんちゃらとか言う種類の紅茶とモンブランです。珈琲は一杯だけだけど、紅茶はポットで来るので嬉しい。とってもお得な気分です。だから、最悪、水で薄めても飲めます。色が出るうちが華です。搾れるだけ搾り切ってやる。今、背中が痒いぜ。30cmモノサシではなかなか上手く掻けません。

2006年3月18日

今まさに、元気のない甘エビが目の前をそそくさと通り過ぎようとしています。かっぱ寿司だ。だけど私はかっぱ巻きなど食べません。どうせだったらもっと高級な店名にしたらどうなんだ。この庶民を絵に書いたようなこんな私でさえも入り難いんだ。そして、寿司と言うより餌を食べているようでした。

どうでもいいけどすごく高いです。名古屋駅前に建設中の新トヨタビル@ミッドランドスクエアです。トヨタの本社機能ってここに集中するらしいです。ま、東海地方は全部トヨタ様様だからね。ちなみに、豊田家は本当はとよだです。杉山をすきやまと呼ぶのと同じです。絵の具のような青い空に吸い込まれそうですね。

とてもイタリアにあるとは思えないイタ・スパです。なぜイタ・スパと呼ぶのでしょうか? 考えたこともありません。それに考えたくもありません。でも、イタスパではなくイタ・スパ。だから、中点命です。そして、これにサラダと珈琲とデザートがついて、630円でした。一体、原価はいくらなのでしょうか。

2006年3月15日

ビタミンを補給するために鰻を食べました。【砂金の人々】の取材で伺った砂金8号と一緒です。ここはかろうじて岐阜市に入っているかなり田舎にありました。風情があります。だから、夜は真っ暗で泣きそうになると思います。美味しかったので必ずまた行きますが昼です。

私が生まれた美濃町へ一滴増した。うだつが上がる町並みです。うだつとは隣との類焼を防ぐ高価な防火壁のことで、うだつが上がらん奴等と今でも例えとして使われます。雪が舞う古い町はいいものです。生家に行きましたが更地でした。十数年ぶりの風景は変わっても土は同じです。

2006年3月13日

昨日、お茶会探訪の後にみんなでトヨタ博物館に一滴増した。右を見ても左を見ても車ばっかです。甘いもんの後に鉄分の香りはそこはかとなく違和感があります。しかし、トヨタ2000GTだけは憧れです。あのジェームズ・ボンドが乗ったあの名車です。ちょっと縦列駐車が難しそうです。

2006年3月12日

ってことで、第2回の【全国甘党@お茶会探訪】に行って参りました。とってもステキなお話でした。珈琲ぜんざいが美味しいのは当然のこと、オーナーの考え方や生き方が素晴らしいです。早速ちょっとリキ入れてレポートを書き上げます。甘いもん好きにはいい人が結構、多い。

栗がいっぱいで栗いっパイ。以前、お茶会探訪で訪れた新杵堂さんで買いました。美味い!その他にもいろいろと買ってしまった。ちなみに、いっぱい+パイ=いっパイ。こんな商品名なんて私なら使わない。ダジャレはすべてをダメにする。明日は第2回目のお茶会探訪なので早く寝ます。

2006年3月10日

とっても豪華なランチです。自腹ではありません。砂金1号@上田佳宏さんの父上である康社長にご馳走になりました。飛騨牛5等級の特選すき焼きです。ちなみに、5等級って最高位です。だって特選だもん。ちなみに、特別に選ばれたって意味です。あ゛ー、満腹でもう見るのも嫌だ。

とっても好きだった中2の夏は、暑かった。。そう、庄野真代が好きだった。トルコ料理を食べながらふと思った。しかし、ここはマック。細かいことは、気にするな。少しクセのあるケバブを食べながらここはマック。また口内炎ができやがった。痛い。元関取は、板井。冷めた珈琲を一人、すすった。

2006年3月8日

あまりの天気の良さに散歩をしたら、そこら中に花粉が舞っていた。でもって、アスファルトだからさらに舞う。今年も遂にこの時期が来てしまった。そう、花粉症歴28年! だから、ど根性ガエルの町田先生は教師生活25年!私の方が立派だ。なんでも続けたらなにかを掴むそんな気がする。

2006年3月7日

今日のランチはサーモン丼でした。これで714円。そう、岐阜の物価は結構、安い。一緒に住もうッ!でも、これが本当で銀座のお値段が異常なんだ。だから、土地代がその商品に反映する場所には住まないこった。それが変だと思わないどころかそれに憧れること自体が滑稽だ。水など0円だ。

2006年3月6日

ドジ、ドジ、ドジ、ドジ、地下鉄のドジ~♪ だから、それはフランス映画『地下鉄のザジ』のつまらんパロディだった。トリュフォーやゴダールを愛するませた少年の私にはそんなことなど常識だった。そう、フランス映画をバカにしたり冒涜する奴らに愛を語る資格はない。本当は小林稔侍がお好き。

2006年3月5日

ロバです。そう、名古屋の街中にロバがいました。ロバと言ったら、ロバのパンです。しかし、京都が発祥地だから関東や東北にはないのでしょうか。懐かしいです。どうしてここにロバがいたのかは知りませんが、違う部分で郷愁に浸ってました。蒸パン最高! そう心から叫びたくなった私です。

周知の事実ですけど、私の先祖はショパンです。そう、フェルマータをソッと愛しデクレッシェンドで考えるアンダンテな男です。でも、メトロノームで爆睡だ。オレンジ色の夜の灯が賞味期限切れのロイヤル・ミルクティーを発酵させる。。。それが、とってもお好き。

2006年3月3日

桜です。当然、梅も満開じゃないこの時期に桜は咲きません。そして、満開の桜ほど薄気味が悪いそう思っています。桜は、散った後の葉桜が一番美しい。これは桜の木です。だから、咲く前の桜もまたいいものです。それぞれが桜、いろいろと桜。いくら桜でも真っ青な空に比べりゃ小さいもんだ。

2006年3月2日

そして、とても練り物が食べたくなった。ちくわだ。ちくわ、あなたって人は。。罪な奴だぜベイベー。説明しよう!私にとって練り物とはかまぼこよりもちくわの方が上なんだ。ちッ、ジャジーな奴だぜ。今は遠くに過ぎって行った丸いちくわ。レイニーなブルースだ。泣かせるぜ。さ、はんぺんを食うか。

2006年3月1日

なんだか急に絵を描きたくなって筆を取りました。内から込み上げる炎の多摩市いや、魂を一枚のカンバスにぶつけました。そう、ゴッホのようにね。赤が想い、緑が平穏、茶が安定、黄が放縦です。おぉ!後から取ってつけた解説とは思えない程、完璧です。赤は本当に取ってつけた芋判だけど。

旧楽観日記内検索

直近の日記

日記保管庫

QRコード