2006年6月30日

たった今、午後1時です。とっても磯が死んでサッサと日記を更新しばぶ。このハードな月末を乗り切るための必需品があずきキャラメルです!とってつけたようなお話ですびばせん。私的には一番右の黒糖キャラメルに興味があります。私的なんて言い方が、温泉卵よりも大嫌いです。

2006年6月29日

だから、Vサインじゃなくてコンテンツがあと2つも残ってるってこった。とっても焦ってるんだ。暑いから集中力もないし元々がヤル気はないし。男にはやらなきゃいけないときがあるんだ。でも、それは今じゃない。暑い~。。あ、レディボーデンまるごと食うか。それをやるのは今しかないんだ。

2006年6月28日

来月の新聞のネタのためだけに洗車をしました!ザ・数年ぶり!暑かった。。ここまで暑いとすべてを破壊したくなる私です。ザ・危険!夜空に輝くのは星座で、足がしびれるのは正座。すぐにやるのは即座で、途中でやめるのは頓挫。車を洗いながらも下座に生きることを考えました。

暑いときこそ辛~いものを食べたくなるものです。で、辛かった。野菜カレーとナンとチャイとか言うふざけた名前の飲み物です。これを食べる前に、生ビールを飲んだので汗が出る出る。出っ放し。だから、お腹がふくれたと言うよりも疲れた。そう、他人の汗は美しいと思うが、自分の汗は嫌いだ。

2006年6月26日

ちょっと用事が発生したので、じきじきにこの私がわざわざ名古屋まで行かれました。この月末に。だから、ちょっぴりイラ立ってます。行き場のない激しいイラ立ちを静めるために天使の降臨です。いや、スッキリしました!6回もやっちゃった。お、眼下に下下の者がまるで蟻んこのようです。

2006年6月25日

写真を整理していたら、先日の1枚がありました。決してリスが好きな訳じゃありません。って言うかリスってネズミにふっさふさのしっぽをつけただけって感じ。だから、笑顔が微妙です。ちょっとだけ怖いんです。で、内心では、これが大きくなったら荒田川のヌートリアと同じだろって叫んでいます。

2006年6月24日

お水はセルフサービスで、お願いします。だから、セルフサービス、でお願い致しますじゃないんだ。それにお願い致しますじゃなくてお願いしますだ。許せない。耐えられない。やるせない。仕方ない。世の中、開業よりも改行よ。そう、人生の段落を変えることが肝心です。強引に決めてみました!

2006年6月23日

新しいラ~メン屋を探して、このてんこ盛りです。いや、いいカタチだ。でも、肝心の麺が太くてねぇうどんみたい。だから、もう二度と行かない。そう、私はうどんが嫌いなんだ! お願いだ。頼むから勘弁してくれ。昔、杉山さんって、うどんのように白いねって言われたときには立ち直れなかった。

昨日、修学旅行の京都&奈良から次女が帰ってそのお土産がこの生八ッ橋です。ピンク色の方はイチゴミルク味なの。。そして、飢えた私は欲望に駆られるままむさぼり食った。そう、黒もピンクも。with サッポロ黒ラベル。だから、1時間経ったら気持ち悪くって。生八ッ橋ってビールに合わない。

2006年6月21日

いつものラ~メン屋に行ったら、長い間ありがとうございました、って書かれてありました。閉店です。また一から探さなきゃいかん。床屋も探さなきゃいかん。真剣に面倒臭ぇ。ま、咲楽でも見るか。ラ~メン屋が閉店なので、近くのガストに行きました。ガストはどこまでもガストでした。

2006年6月20日

ってことで自動車税を納めました。とっくに期日は過ぎていますが7月の初めまで追徴されません。岐阜信用金庫の城東支店です。お姉さんの笑顔がステキです。だから、平日の真っ昼間から赤いTシャツと短パンの変なおっさんなのに。後の髪が寝癖のまま立ってます。

お箸で食う牛肉のなんちゃらと揚げたレンコンのすぱげっち。ま、どんなもんだ?と訊ねられたら、こんなもんだと答える程度のもんだ。麺類よりも穀物がお好き。では、その理由を特別に話そう。小学生のときカレーうどんが鼻から出たんです。うどん、しかもカレーだよ。ヒリヒリしてコリゴリさ。

2006年6月18日

埼玉から高速バスに乗ってなぜか岐阜まで来た本澤信秀さんです。岐阜城の隣にあるリス村が、氣に入ったようです。ノビーは自分のサイトで【氣になる人々】って取材コーナーを設けるそうでその第一号が僕。ノビー、君って目の付け所が大正解!でも、不気味なサイトを早く変えてくれ。

2006年6月17日

歩いていたら、父の日の展示品です。明日かぁ。そー言えば、昨年はダイソーで売ってる100円のネクタイだった。自分の小遣いで買ってくれたからかなり嬉しかった。でも、今ではどれがそうなのか見事に分からん。かと言って100円のばっかじゃありません。欲しい物などないから尊敬してくれ。

2006年6月16日

東京の神楽坂に1滴増した。蒸し暑かった。でも、風情があってよかったです。小津安二郎の映画の舞台になりそうな町でした。間違っても黒澤明の映画の舞台にはなりません。狭くて細い哲学っぽい道と石畳が郷愁をそそります。そしてこのままの町並みであって欲しいと思いました。

2006年6月15日

たった今、孤独のど真ん中です。池に袋と書いて池袋。シャワーを浴びたらお肌に合わん。だから長良川の伏流水しか受け付けん。死にそうに孤独だ。あくまでも死にそうだから死なないけれどそれなりに寂しい。と日記には書いておこう。やっぱ東海3県が一番よね。おでんは味噌だ。

郷ひろみが経営するイタリアレストランが閉店になりました。駅の構内でも、なにをやっても上手く行きません。お、恐るべしJR岐阜駅構内。オープンのときに郷ひろみが来岐したのが、とっても懐かしい。。私は見に行かなかったけど。それから岐阜駅に来たのはラッキィ池田だけだ。

2006年6月13日

梅だ。どうやら天日干しをして梅干にするみたい。だから、健康のため一日一個食べようと今までに20回くらい誓ったけど20回くらい続かなかった。要は、今は食べていないってことです。だってさ、酸っぱいもん。辛いのはいいけど、酸っぱいのはあまり好ましくはなかろうぜ。でも、梅酒は好き。

2006年6月12日

原真紀という女性を知っているが当然、結婚してその名前になった。そう、原という名の男だけは、避けるべきだった。川辺真紀という酒乱の女性を知っているが、もう少しで磯辺真紀だった。危なかった。。そして、これが三河巻。美味い!三河という地名は愛知県のあっちの方のことだ。

風情のあるお庭でお珈琲をお飲みになっていたらお化けです。私は深入りの熱い珈琲を、お化けは一人前にカプチーノを飲みやがった。生意気だ!だから、君はヒマだけど私は磯が死んだ。だって今月は30日までしかないんだ。私は焦っていた。すびばせん。次からは必ず美しい写真にします。

長良川の近くのお店で私が静かに鮎ら~めんをお食べになりました。美味いッ!たしかに味覚に無頓着な私でも美味いか不味いかは分かる。で、アタマからバキッとお食べになりました。だから、カルシウムが満タン!最近さ、イライラしたから。やっぱ岐阜は川魚よね。だって、海がないもん。

2006年6月9日

初めてモレラ岐阜に行きました。そして、今日が最後です。でかけりゃいいってもんじゃないんだ。本当につまらん。絶対にコケる。断言できる。絶対人口がとっても少ない岐阜で続く訳がない。まったくなにを考えてんだか。もうでっかいものは十分なので、もっと小さくもっといいものを作れ!

あッ、ピタッとドアが閉まったアピタ。すびばせん。以前にもこの楽観日記に掲載しましたが、改めてこのデザインは町の公害です。イタリア人がデザインしたらしいですが、歴史のあるイタリアにこんな派手なスーパーはない。君たち、日本人をなめとんのか。ワールドカップで首絞めてやれ!

そう、PTAのOGが8人も集う華の会。だれが華やねん。おじさんはモーレツに怒ってるんだよ。きっと亭主たちは600円までのコンビニ弁当だ!だから、遠足のおやつじゃないんだから。だって、こんな私はマルちゃんの赤いきつねだったんだ!虚しさが心の隙間を通り抜けた。ジッと手を見る。

ズズ、ズィ~ッとたまねぎです。鶴の母親、要は、母鶴が持って来ました。こんなに食えねぇよ。きっと明日から朝昼晩とオニオン・パレードです。たしかにたまねぎは野菜の中では愛してますが、限度があるんだ。ヤフオクで売ったろかしゃん。あ、ヤフー・ウォレットのパスワードが分からん。

司法書士@渡部克彦。31歳。違いは分からん。ダバダァ~ダバダァ~。珈琲は、熱したネッスル。20人の司法書士がこぞって書いた本。だから、面白くありません。でも、きっとタメにはなります。笑えないけどタメになるか、タメにはならないけど笑えるか、さぁ~あなたならどっち?終わります。

2006年6月4日

無性におにぎりを食べたくなった。昆布と梅干だ。店に入った。いい香りがした。熱いにぎりたてだ。しぐれに気が変わった。昆布としぐれだ。まてよ、田舎コロッケが隣にあった。1個50円だ。安いッ。しかし、以前より10円の値上げだ。5個、買った。ソッと袋を小脇に抱えた。店を出た。幸せだった。

芥見東小学校の後輩@浅見由紀さんです。高橋尚子と親友だったそうです。自己申告です。思い起こせば30年前、長良川の石を運んで卒業記念のカブト虫の滑り台を作ったものです。そんだけ。しかし、よく食ってよく喋る女性でした。合コンで知り合って結婚した旦那は4つ下です。

ウソです。タラコスパです。しかも、鮭フレークがてんこ盛り。そう、基本的に私は長い麺の料理をペペロンチーノと言う。そんなことより問題は、今日の雨、傘がない。ウソです。腹が立つほどに晴天でした。だから、ガスレンジが汚れています。それが許せん!味などどうでもいいんだ。

2006年6月1日

6月の素晴らしいお言葉です。だから、戦うのは最終手段で、それしか考えない人って思いっ切り能がない奴です。だから、私は逃げまくる。いくら戦って勝ったところでケガをしたら、その先一生損をします。だから、一時の優越感のために一生を棒に振るのはバカバカしい。そう私は思う。

旧楽観日記内検索

直近の日記

日記保管庫

QRコード