2007年4月7日

そのとき僕は新荒田川に沿って西に歩いていた。亀だ。3匹の亀が、春の日差しを甲羅イッパイに浴びていた。羨ましい。亀はメルマガを書かない。だから、のんびりできるんだ。畜生!そして僕はジッと手を見る。そこには見事な百握りがあった。3匹の中で、どれが興毅で大毅と和毅はどれだ。

コメント

コメントはまだありません

コメントの投稿

コメントの更新情報

トラックバックURL

http://www.rakkannikki.com/2007/04/07/00871/trackback/

 

旧楽観日記内検索

直近の日記

日記保管庫

QRコード