焦げ目がついた皮は「パリッ」と耳に心地が良い音を提供するかのような食感だ。秦の始皇帝が愛したそれに近い気がした。あ、彼がギョーザを食ったかどうかは知らんが。たっぷりとラー油が入ったタレに泳がせた。美味い!私は唸った。真剣にココ壱のカレーの上に乗せたいと思った。

コメント

コメントはまだありません

コメントの投稿

コメントの更新情報

トラックバックURL

http://www.rakkannikki.com/2007/04/14/00878/trackback/

 

旧楽観日記内検索

直近の日記

日記保管庫

QRコード